婚活パーティーで知り合った男性がストーカー化

婚活を始めたきっかけは、単純でしたが友人の結婚です。とても綺麗で幸せそうで、私も結婚したい!と婚活を始めました。仕事では出会いもありませんし、いるのは既婚者男性ばかり。ということで婚活パーティーに参加することにしたんです。やっぱり華やかなイメージがありましたし、実際に会ってお話してみるのが一番なんだろうなと思いました。婚活を始めたのは25歳の時です。

しかし、婚活を始めて一番最初に参加した婚活パーティーで、とんでもない男性に出会ってしまいました。向こうは最初から私をロックオンしていたらしく、とにかくアピールがキツイんです。なんでも、一目惚れをしたんだとツーショットでも大騒ぎ。それでいて、私の次の順番の女性にはほとんど話しかけません。そんな性格の人、好きになるわけないでしょ!と思ったのですが、とにかくアプローチが強引でした。

その婚活パーティーは、まずは軽く説明があってその後はまずツーショット、次にフリータイムのランチがあります。ランチが終わった後はイベント、またツーショット、イベント、ディナー、イベント、最後にフリータイムという1日みっちり参加するタイプのもの。それだけに、ずっと密着されるのが嫌で嫌でたまりませんでした。私自身は、ほんわかしていて気になる人がいるのでその人と話してみたいのに、フリータイムになると必ずこっちにやってきます。

気になる男性とゆっくり話すことが出来たのはイベントの時です。イベントは何人かのグループに分かれるのですが、その時に同じ班になることが出来たんです。でも、あの男性はぶすっとした顔でこちらを見ているし、グループの他メンバーの人達もそれがわかっていて本当に同情してくれました。しかし、気になる男性とようやくいっぱい話すことが出来たし、良かったですね。

そして最後はお決まりのカップル誕生をやるわけなのですが、私は何と気になっていた男性とカップルになることが出来ました。あの男性は、物凄い顔をしてこちらを睨みつけていましたね。その後は現地解散をするのですが、危ないからとカップルになった男性と、その人と一緒に参加していたお友達、そのお友達とカップルになった女性も家の近くまで送って来てくださったんです。

しかし、その後興信所かどこかで調べてもらったのか職場に来るように。それも運命だね、なんて言うので本当に気持ち悪くて。上司に頼んで内勤に異動させてもらったのですが私あての電話が何回も届きます。自宅も手紙やプレゼントが届くだけではなく、ストーカーが家の前に立っていて入れないようなことも。

このストーカーさん、一流企業重役の息子さんなんですよね。系列会社に縁故入社していたらしく、弁護士を立ててそちらに連絡して頂くことでなんとかおさまりましたが、流石に会社は辞めました。お坊ちゃまで今までなんでもわがままが通ってきたのかなと思います。こういう人に目をつけられてしまうとパーティー時も楽しくはありませんし、せめて一日中かかるようなパーティーはやめた方が良いのかなと思います。

結婚を考え始めた女性がワケありでした

私はバツイチの男性ですが年齢も30歳を迎えた為に新しい人生を歩みたいと考えていました。
友人に知り合いの女性を紹介して貰おうと考えていましたが、
人を当てにしていてはいつまでも出会いが無いと思い自分で動く事にしたのです。

そこで目に付いたのが婚活パーティー。
様々な条件が細かく設定をされている企画でした。
30代限定、経営者限定等のパーティーに条件が分けられており、その中でバツイチだけが集まる企画に目がいきました。
条件にピッタリ合う、、参加をを決意。

会場はレストランの一角を借り切って行われたのですが、男女共に20名の計40人が集まり盛大に開催をされました。
会場の部屋の中央には大テーブルが設置をされており、盛り付けられた洋食を自由にいただきながら自由行動で話すのです。

周りには個人的に話している人もいたのですが、中には男女がグループになって話している人もいた為に輪に入れなくて孤立をしている人もいました。

何人かの女性と話をする事が出来たのですが、お話が終わって周りを見渡すと孤立をして話せない女性が目に付いたのです。

そこでお話をしてみたいと思い声を掛けたのが27歳の女性でした。
会話をしてみると昨年離婚をしてバツイチですと話し始め、私も同じ様に数年前に別れた事をお話している内にバツイチ同士ならではの共感するものが生まれました。

とりあえず連絡先を交換したのですが話している内に意気投合をしてしまい、パーティーの終了後に食事に行く事になりました。
食事をしながら話していると彼女の魅了も伝わりましたし、
付き合ってみましょうと話が弾んでしまい付き合いが始まったのです。

仕事が終わると毎日の様に駅で待ち合わせをしてデートを重ねました。
真剣に将来を見据えていましたので結婚を前提のお付き合いです。
出来れば一緒になりたいと思うほど彼女に対しては尽くしました。
ですが、、、

時間が経つに連れて彼女に対し不信感を抱くようになって行ったのです。

彼女はバツイチで子供は居ないと言っていたにも関わらず、実際には前の旦那の元に子供を預けており子持ちだったのです。
明らかに嘘を付いていましたし、なぜ今になって打ち明けるのか疑問でした。
しかも将来的には子供を引き取って暮らしたいと願っており、できれば3人で暮らして欲しいとお願いをしてくるのです。

正直、他人さんのお子さんを育てるのには抵抗がありましたし、軽く引き受けるほど簡単なことではないと思います。
親の問題、思い入れの問題等、様々な弊害が出て来ます。

今まで彼女には生活が苦しいと言われましたので月に数万円を渡して金銭的な援助もしていたのですが真っ赤な嘘だった、、。
そのお金で子供の服を買ったり、一緒に遊びに行く事に使っていたと言い出し、まるで養育費を出しているような便利屋の扱いです。
子供の為に結婚をしたいと言う姿勢が感じられましたので、責任が重いと感じて別れることにしました。

知り合った時に本当の事を言っていれば、お互いに傷つく事が無かった出会いだと思っています。

婚活で知り合った相手に嘘をつかれていました!婚活失敗談

私は現在28歳の会社員です。この歳になると周囲がどんどん結婚をしていってしまい彼氏がいなかった私はとても焦りがありました。親にも結婚のことを遠回しにいつになるのか聞かれたり結婚した友人の幸せそうなSNS投稿を見ると悲しくなってしまい思い切って28歳で婚活を始めてみることにしました。

婚活は婚活サイトにも登録はしていたのですが、私がよく行くカフェが月に1,2回の割合で婚活パーティーをすることがあり、そこの店主とも顔なじみだったので参加をしてみることにしました。
婚活パーティーといっても立食形式のパーティーで時にゲームをしたり自己紹介タイムもあったりと色々な人と出会える機会が設けられていました。

そんな中である男性の方と話が合いとても楽しい時間を過ごすことができました。その人は3つ上で顔もイケメンでオシャレな人でした。私はお店に来た時から少し気になっていたので話かけられた時はすごく嬉しかったです。そして何回か遊んで向こうから付き合ってほしいと言われ結婚を前提に付き合うことになりました。

付き合って間もなく急に彼が親に会ってほしいと言ってきて早い段階で親に挨拶をすることになりました。そのほかにもキスはしますがそのあとは2週間に1回くらい、彼も私もそんなに性欲が強い方ではなかったのですがなんかおかしいと思っていました。そして彼は女性ファッションや女性が喜ぶ食べ物などに男性とは思えないくらい詳しかったのです。。

さすがにおかしいなと気づき始めた私は彼のFacebookの友達を検索したりしました。友達は男性が多く、男性の中にはゲイであると公表している人がちらほらいました。またゲイのためのWEBマガジンにもいいねなどをされていて疑問視していた私の心はついに確信に変わりました。

彼を問い詰めるとゲイであることをカミングアウトしてくれました。
婚活パーティーに行った理由は親を安心させるためが一番の理由だったらしいのですが、婚活に行けば女性との出会いがあってもしかしたら好きになれるかもしれないと思ったらしいです。私は本気で彼のことが好きだったので本当にショックで少し婚活がトラウマになってしまうくらいでした。そのあとは彼ときちんとお別れをしました。

現在は婚活をやっていないのですがもうアラサーですし、今度はきちんとしたサイトを利用して婚活を頑張ってみようかなと思っています。そしていい出会いがあれば最初にきちんとその人の恋愛対象が女性か見極めたいです。