Category Archives: 結婚観

男性の結婚を妨げにするものについて

世の中には男性の結婚の妨げになっているもの(結婚しなくても別にいいやと思わせるもの)が揃っています。
正直これさえ無ければ、もっともっと結婚したいと思う男性も存在しますが、これのせい(もしくは、これがあったお蔭)で、結婚したいと思わなくなるのです。
では、どういったものが男性において結婚を阻害してしまうのか、以下に解説します。

ゲーム(TVゲームやスマホのゲーム等)

スマホやTVゲームというのは、一人で楽しめるものです。
特にゲームは男性がのめり込みやすいもので、熱中してしまいます。
一人で熱中できる分だけ孤独感を感じなくなり、結婚したいと思わなくなってしまうもの。

元々テレビの普及により、子供の出生率が低下した背景がある日本。
それがTVゲーム、携帯ゲーム、スマホゲームと普及していったら、出生率低下はおろか未婚率上昇も避けられないでしょう。

街を歩けば楽しめるものが揃っている

特に人口密度の高い都心部は、ショッピング、飲食店、娯楽施設がたくさん揃っています。
そういった楽しめるものが揃っていると、どうしても結婚から縁遠くなってしまいます。
これは、男性だけでなく女性においても共通ですが、娯楽施設や買い物できる施設がその街にどれだけあるかによって結婚しようと思うか否かは異なるものです。

何でも揃う街が近くにあれば、そこにいたら楽しいもの。
そうなると、その街で楽しく遊んでいってしまい、結婚から縁遠くなってしまいます。
「楽しい」が年々増えれば増える程に、結婚の阻害になるでしょう。
ただし、無理して都心部近郊で暮らしているのであれば、話は別です。

結婚願望丸出しの女性

結婚願望が全面に出過ぎていて、こちらの気持ちを全く無視した女性は、ハッキリ言って重く、結婚の妨げになってしまいます。
特に、30代の事務職勤務女性にこういう傾向が強く、やたらと結婚の話をしたがるものです。
別に男性が結婚したくない訳ではないですが、自分の気持ちの度合いよりも上回る熱量で来られると、結婚したくなくなります(むしろ逃げたくなります)。
男性からの必死過ぎる、重すぎるアプローチを嫌がるのと同様に、女性からの結婚願望丸出しの必死な対応は嫌がられるのでご注意を。

結婚をメリットと感じる男性について

結婚したい、結婚はメリットと感じている男性は存在しますし、どちらかと言うとこういった考えの方が多いでしょう。
では実際に、どういった男性が結婚したいと思っているのか、解説します。

好きな人と一緒にいられる

基本的には結婚をメリットと考えている人の大半は「好きな女性とずっと一緒にいたい」からです。
大好きな女性と生涯を共にできるというのは非常に嬉しいものです。
それは男性だけでなく女性にだって共通でしょう。
そんな好きな女性と一緒にいたいから結婚したいと考えているものですよ。
好きな女性と一緒にいられるのであれば、メリットの方が上なので、苦労は惜しまないでしょう。

子供が欲しいから

子供が欲しい男性にとって、結婚はメリット要素です。
結婚が先か、子供が先かは置いておいて、子供が欲しいから結婚したいという考えは十分にあり得ます。
自分の子供を育てていけるのは、言葉に表せない位に嬉しいもので、数値では語れないでしょう。
そういった気持ちの男性からすれば、結婚はメリットと感じられますよ。

家庭環境の良い男性

両親共に離婚が無く夫婦トラブルを感じない、いわゆる円満な家庭で育った男性からすれば、「結婚したい・結婚はメリットだ」と感じられます。
小さい頃から両親の仲が良ければ、その分だけ「結婚は素敵なものだ」と無意識に思うものです。
そういった人生を歩んでいけば、当然ある一定年齢(20代中盤以降)から結婚したいと思うようになります。
それは、世間体ではなく、心から「結婚は幸せになれるもの」と根付いているから、より一層結婚はメリットであると感じやすくなるものです。

共働きによる生活の安定

共働きによって世帯年収が増えることによって、生活が安定するという考えの男性もいるでしょう。
一人よりも二人で稼いだ方が、収入が増えて生活もしやすくなるというのはあり得ます。
それに、1人暮らしで2部屋よりも、2人暮らしで大きな部屋1つの方が、遥かに家賃は安く済み、また光熱費や食費も抑えることができるので、支出を減らすといった面では大きいでしょう。

男性が結婚したくなる理由について

女性もそうですが、男性も結婚したくなる時というのは発生します。
では一体どういった時に結婚したくなるのか?
また、男女での共通点や違いはどういったものなのか?
以下に解説していきます。

孤独感を感じたとき

男性は女性よりも孤独に弱いです(個人差はありますが、一般的にはそう言われています)。
孤独を感じ取った時に、結婚をしたくなるものなのです。

  • 長年一人暮らしが寂しい
  • 出会いが無くて寂しい
  • 一人で生きていてこの先大丈夫なのか?

等々、孤独を感じた際に結婚をしたくなるものです。
もちろん女性も孤独になった時に結婚願望が現れやすくなりますが、女性よりも男性の方が結婚願望のスイッチは高いでしょう。

みんなが結婚し始めて来る焦り

男女問わず、友人や知人が結婚し始めて来ると、自分も結婚しなくてはと焦ります。
特に、20代後半~30代前半までの結婚ラッシュ時期は、周囲に取り残されてしまう焦りから結婚したくなるものです。
「みんなと一緒でないと嫌だ」という所属欲求から来るもので、仮に20代~30代まで全員結婚していなかったら、「結婚しなくては」という気持ちは案外現れないものでしょう。
「みんなと一緒でいたい」「一人だけ独身なんて、何だか肩身が狭く感じる」というのを避けるために、結婚したくなる欲求が出て来るものですよ。

出世の為

いくつかの企業においては、独身・既婚者で、出世させるか否かを判断させています。
出世の条件は、基本的には仕事における能力や真面目さですが、「結婚すれば仕事は辞めないであろう」「結婚したら、責任もって仕事に取り組むだろう」という意思を感じ取りやすくなるので、出世しやすくなります。
女性では考えられないシステムですが、男性においては結婚したら出世できるというシステムがあるのです(正確にはまだ残っている)。
その為、出世願望が強い男性からすれば、結婚というのは出世において非常に重要な方法ではあります。
だからと言って、好みでも何でもない女性と結婚しようなんて考えませんが。

なぜ男性は結婚したがらないのか

結婚したがらない男性。
それは結婚にデメリットを感じるが故に結婚から遠のいていく姿勢を取ります。
なぜデメリットを感じるのか。そしてなぜそういった男性は結婚したがらないのか、解説していきます。
もちろんこれは、「結婚できない」ではなく「結婚しない」という方向での考えです。
その為、女性との縁が全く無い人は度外視した考え方となるますので、予めご了承下さい。

結婚した友人・知人が幸せそうに感じないから

早ければ20代前半辺りから友人・知人の結婚報告を聞きつけて、披露宴や二次会のお呼ばれをされます。
その時ばかりは幸せそうに感じて、「結婚って素敵なんだなぁ…」と思う年代でもあります。
その数年後、結婚した友人・知人と今の生活について聞いてみると、何だか幸せそうには感じない。
どちらかと言うと、「何かムリして幸せだと思い込んでいる」というのを何となく感じ取ります。
「結婚って、最初はいいのかも知れないが、年数が経てば不満は出てくるんだな」という考えに至り、現在独身の男性は結婚したくなくなるものです。

誰だって傷つきたくないですからね。
結婚だけでなく、ダメージのあるものや不幸になる行い、デメリットの方がメリットよりも上回る行為は極力避けるようになります。

結婚したら自由無くなるから

多趣味、外交的、一人行動が好き。
そういった男性からすれば、結婚というのは自由をはく奪されるワードに等しいです。

結婚したら、趣味が無くなる。
結婚したら外で遊ぶことに制限がかかる。
一緒に生活しているから、パートナーを気遣わなければならない。

こういう自由気ままに生きている人からすれば、結婚なんて苦痛でしか無いでしょう。

結婚適齢期でもモテるから

20代後半~30代、40代でもモテる人は、「結婚しなくてもいいやー」という考えに陥りやすくなります。
全員が全員ではありませんが、少なくともモテる男性というのは、女性選びに困らない分だけ結婚の意識は弱まります。
それに、結婚したら「他の女性とデートすることができなくなる。バレたら慰謝料を請求される可能性がある」という考えの男性もいるので、より一層結婚したがらなくなるでしょう。