男性の結婚を妨げにするものについて

世の中には男性の結婚の妨げになっているもの(結婚しなくても別にいいやと思わせるもの)が揃っています。
正直これさえ無ければ、もっともっと結婚したいと思う男性も存在しますが、これのせい(もしくは、これがあったお蔭)で、結婚したいと思わなくなるのです。
では、どういったものが男性において結婚を阻害してしまうのか、以下に解説します。

ゲーム(TVゲームやスマホのゲーム等)

スマホやTVゲームというのは、一人で楽しめるものです。
特にゲームは男性がのめり込みやすいもので、熱中してしまいます。
一人で熱中できる分だけ孤独感を感じなくなり、結婚したいと思わなくなってしまうもの。

元々テレビの普及により、子供の出生率が低下した背景がある日本。
それがTVゲーム、携帯ゲーム、スマホゲームと普及していったら、出生率低下はおろか未婚率上昇も避けられないでしょう。

街を歩けば楽しめるものが揃っている

特に人口密度の高い都心部は、ショッピング、飲食店、娯楽施設がたくさん揃っています。
そういった楽しめるものが揃っていると、どうしても結婚から縁遠くなってしまいます。
これは、男性だけでなく女性においても共通ですが、娯楽施設や買い物できる施設がその街にどれだけあるかによって結婚しようと思うか否かは異なるものです。

何でも揃う街が近くにあれば、そこにいたら楽しいもの。
そうなると、その街で楽しく遊んでいってしまい、結婚から縁遠くなってしまいます。
「楽しい」が年々増えれば増える程に、結婚の阻害になるでしょう。
ただし、無理して都心部近郊で暮らしているのであれば、話は別です。

結婚願望丸出しの女性

結婚願望が全面に出過ぎていて、こちらの気持ちを全く無視した女性は、ハッキリ言って重く、結婚の妨げになってしまいます。
特に、30代の事務職勤務女性にこういう傾向が強く、やたらと結婚の話をしたがるものです。
別に男性が結婚したくない訳ではないですが、自分の気持ちの度合いよりも上回る熱量で来られると、結婚したくなくなります(むしろ逃げたくなります)。
男性からの必死過ぎる、重すぎるアプローチを嫌がるのと同様に、女性からの結婚願望丸出しの必死な対応は嫌がられるのでご注意を。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *