昔より今の方が結婚したくない男性が増えたのは何故か

昔はどの家庭でも結婚している男性が多かったです。
今は、結婚しない男性というのが年々増加しています。
それは、時代の発展と共に「結婚しなくても良い」という風潮や考えが出てきているのもひとつです。
では何故、時代の発展と共に結婚しなくても良いのか?解説していきます。

一人でも家事や炊事ができるようになった

分かりやすく言えば、家事や炊事が自動でやってくれる家電やサービスが出てきたお蔭で、家の仕事は減少されました。
例えば自動掃除機ルンバや電子レンジ、24時間営業しているコンビニやファミレス、掃除機、自動で洗濯も乾燥もしてくれる洗濯機、等々。

昔はこれらの機械やサービスが無かった為に、女性が家事を行うことが主流でした。
しかし、現代においては、全て機械や各種サービスで賄えるようになりました。
そうなれば、一人でも十分生活していけるので、何もわざわざ結婚して家事や炊事を行う必要が無くなったのです(共働き世帯も含む)。

結婚しろという重圧の低下

昔は「結婚しなくてはならない」という義務感が世間体の風潮でありましたが、今は結婚しなくてはならないという義務感はありません(正確にはかなり弱くなった)。
そういった重圧の低下によって、「結婚しよう」という意識が遠のくようになったのです。

それこそ昔は、やれご近所さんから「うちの娘紹介する」だの「親戚にまだ独身の娘がいるから見合いしてみないか?」だの言う人がいました。
また、家族絡みで「見合いをして結婚しろ」という発言もあったでしょう。

現代においては、そんなお節介な人はいなくなりましたし、強要することも少なくなりました。
その為、自由に恋人や嫁さん候補を探せるうえ、「結婚しろ結婚しろ」という発言も減ったので、「無理して結婚しなくてもいい」という時代の流れが出てきているのです。
誰でもいいから結婚しろという重圧が低下したことによって、結婚したいという気持ちが昔に比べて低下しました。
その反動で、「結婚したくない」と考える男性も増加したと考えられるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *