なぜ男性は結婚したがらないのか

結婚したがらない男性。
それは結婚にデメリットを感じるが故に結婚から遠のいていく姿勢を取ります。
なぜデメリットを感じるのか。そしてなぜそういった男性は結婚したがらないのか、解説していきます。
もちろんこれは、「結婚できない」ではなく「結婚しない」という方向での考えです。
その為、女性との縁が全く無い人は度外視した考え方となるますので、予めご了承下さい。

結婚した友人・知人が幸せそうに感じないから

早ければ20代前半辺りから友人・知人の結婚報告を聞きつけて、披露宴や二次会のお呼ばれをされます。
その時ばかりは幸せそうに感じて、「結婚って素敵なんだなぁ…」と思う年代でもあります。
その数年後、結婚した友人・知人と今の生活について聞いてみると、何だか幸せそうには感じない。
どちらかと言うと、「何かムリして幸せだと思い込んでいる」というのを何となく感じ取ります。
「結婚って、最初はいいのかも知れないが、年数が経てば不満は出てくるんだな」という考えに至り、現在独身の男性は結婚したくなくなるものです。

誰だって傷つきたくないですからね。
結婚だけでなく、ダメージのあるものや不幸になる行い、デメリットの方がメリットよりも上回る行為は極力避けるようになります。

結婚したら自由無くなるから

多趣味、外交的、一人行動が好き。
そういった男性からすれば、結婚というのは自由をはく奪されるワードに等しいです。

結婚したら、趣味が無くなる。
結婚したら外で遊ぶことに制限がかかる。
一緒に生活しているから、パートナーを気遣わなければならない。

こういう自由気ままに生きている人からすれば、結婚なんて苦痛でしか無いでしょう。

結婚適齢期でもモテるから

20代後半~30代、40代でもモテる人は、「結婚しなくてもいいやー」という考えに陥りやすくなります。
全員が全員ではありませんが、少なくともモテる男性というのは、女性選びに困らない分だけ結婚の意識は弱まります。
それに、結婚したら「他の女性とデートすることができなくなる。バレたら慰謝料を請求される可能性がある」という考えの男性もいるので、より一層結婚したがらなくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *