婚活の真実

パートナーは欲しいけどパートナーがいない独身者の6人に1人は婚活をしたことがあると言われているほど、婚活は最近ブームになっています。中でも30代の割合が最も高いのです。 私もそうですが、幼い頃、自分は20-25歳くらいで結婚するんだと根拠なく思っていた人は多いのではないでしょうか。難しいことなど何もなく、ごく自然に出会い恋をし結婚をする、そう思っていました。でも現実は学業が終わり社会人として職につき様々な新しいことが楽しい時期です。周りもまだ結婚していない友人ばかりだし、趣味に使えるお金も手にし充実していて、気が付けば数年恋人がいないなんて人は珍しくなくなってきました。 しかし、数年後ようやく一人にも飽きてきて、周りも結婚し始めてなんとなく自分の結婚を真剣に考え始め”婚活”と呼ばれる活動をする30代の人が結果的に多いのです。

では、30代の婚活の需要はどうなのでしょうか。今回は特に婚活割合の高い女性目線で お話したいと思います。 30代といえばよく言われる”市場価値が低い”というイメージがありますが、それは婚活バーティなどの競争感ある場所でのことです。実は婚活サイトなどでは逆に30代の女性を好む男性が意外にも多いのです。 その理由は、30代ともなれば何人かの交際を経て経験値もそこそもある女性が多く、一度結婚したことのある女性も少なくありません。 美味しいお店も知っているし遊びの楽しみ方も知っている、そんな大人の余裕を感じさせる女性を好む男性が増えているのです。

一昔前、男性は自分よりも経験値の高い女性を好まない傾向がありましたが、現代ではリードされることに抵抗のない男性も多く、需要が高まっています。 ”男性が養う”という感覚が低くなっていることもあり、女性の持つ経験値が評価され始めるようになりました。 また高齢出産も気になる年齢ですが、最近ではジャネット ジャクソンも49歳で妊娠したように出産年齢も上がってきています。子供を希望する男性にとって女性の年齢はそこまでデリケートな問題でもなくなってきています。 また、子供のいない結婚生活を選択する人も多くなっている事も理由の一つになっています。 しかし実際、結婚までの成立パーセントは低いのが現状です。 その理由は、自身の”市場価値”を意識しすぎる女性側の”焦り”が一番の原因であるのです。

婚活というだけあって、女性は”結婚”を意識し話をしたり相手を観察するようになり、男性側がそれをプレッシャーに感じるようになってしまいます。また「すごく素敵なんだけど、長男なんだよね。」と言ってお付き合いを考えてしまう女性を見たことがあります。 もし、これが結婚ではなくただのパートナー選びなら、相手が長男でも次男でも関係ないはずなのに、”結婚”を意識しすぎ結婚後の事情を早くも視野に入れてしまい、決断を焦ってしまっているのです。 こういった女性は少なくなく結果的に”婚活しても30代を過ぎると難しい”というイメージが先行してしまうのです。 焦らず本来の自分らしさを大切にすれば、婚活に年齢は関係ないのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *