婚活パーティーで知り合った男性がストーカー化

婚活を始めたきっかけは、単純でしたが友人の結婚です。とても綺麗で幸せそうで、私も結婚したい!と婚活を始めました。仕事では出会いもありませんし、いるのは既婚者男性ばかり。ということで婚活パーティーに参加することにしたんです。やっぱり華やかなイメージがありましたし、実際に会ってお話してみるのが一番なんだろうなと思いました。婚活を始めたのは25歳の時です。

しかし、婚活を始めて一番最初に参加した婚活パーティーで、とんでもない男性に出会ってしまいました。向こうは最初から私をロックオンしていたらしく、とにかくアピールがキツイんです。なんでも、一目惚れをしたんだとツーショットでも大騒ぎ。それでいて、私の次の順番の女性にはほとんど話しかけません。そんな性格の人、好きになるわけないでしょ!と思ったのですが、とにかくアプローチが強引でした。

その婚活パーティーは、まずは軽く説明があってその後はまずツーショット、次にフリータイムのランチがあります。ランチが終わった後はイベント、またツーショット、イベント、ディナー、イベント、最後にフリータイムという1日みっちり参加するタイプのもの。それだけに、ずっと密着されるのが嫌で嫌でたまりませんでした。私自身は、ほんわかしていて気になる人がいるのでその人と話してみたいのに、フリータイムになると必ずこっちにやってきます。

気になる男性とゆっくり話すことが出来たのはイベントの時です。イベントは何人かのグループに分かれるのですが、その時に同じ班になることが出来たんです。でも、あの男性はぶすっとした顔でこちらを見ているし、グループの他メンバーの人達もそれがわかっていて本当に同情してくれました。しかし、気になる男性とようやくいっぱい話すことが出来たし、良かったですね。

そして最後はお決まりのカップル誕生をやるわけなのですが、私は何と気になっていた男性とカップルになることが出来ました。あの男性は、物凄い顔をしてこちらを睨みつけていましたね。その後は現地解散をするのですが、危ないからとカップルになった男性と、その人と一緒に参加していたお友達、そのお友達とカップルになった女性も家の近くまで送って来てくださったんです。

しかし、その後興信所かどこかで調べてもらったのか職場に来るように。それも運命だね、なんて言うので本当に気持ち悪くて。上司に頼んで内勤に異動させてもらったのですが私あての電話が何回も届きます。自宅も手紙やプレゼントが届くだけではなく、ストーカーが家の前に立っていて入れないようなことも。

このストーカーさん、一流企業重役の息子さんなんですよね。系列会社に縁故入社していたらしく、弁護士を立ててそちらに連絡して頂くことでなんとかおさまりましたが、流石に会社は辞めました。お坊ちゃまで今までなんでもわがままが通ってきたのかなと思います。こういう人に目をつけられてしまうとパーティー時も楽しくはありませんし、せめて一日中かかるようなパーティーはやめた方が良いのかなと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *