結婚を考え始めた女性がワケありでした

私はバツイチの男性ですが年齢も30歳を迎えた為に新しい人生を歩みたいと考えていました。
友人に知り合いの女性を紹介して貰おうと考えていましたが、
人を当てにしていてはいつまでも出会いが無いと思い自分で動く事にしたのです。

そこで目に付いたのが婚活パーティー。
様々な条件が細かく設定をされている企画でした。
30代限定、経営者限定等のパーティーに条件が分けられており、その中でバツイチだけが集まる企画に目がいきました。
条件にピッタリ合う、、参加をを決意。

会場はレストランの一角を借り切って行われたのですが、男女共に20名の計40人が集まり盛大に開催をされました。
会場の部屋の中央には大テーブルが設置をされており、盛り付けられた洋食を自由にいただきながら自由行動で話すのです。

周りには個人的に話している人もいたのですが、中には男女がグループになって話している人もいた為に輪に入れなくて孤立をしている人もいました。

何人かの女性と話をする事が出来たのですが、お話が終わって周りを見渡すと孤立をして話せない女性が目に付いたのです。

そこでお話をしてみたいと思い声を掛けたのが27歳の女性でした。
会話をしてみると昨年離婚をしてバツイチですと話し始め、私も同じ様に数年前に別れた事をお話している内にバツイチ同士ならではの共感するものが生まれました。

とりあえず連絡先を交換したのですが話している内に意気投合をしてしまい、パーティーの終了後に食事に行く事になりました。
食事をしながら話していると彼女の魅了も伝わりましたし、
付き合ってみましょうと話が弾んでしまい付き合いが始まったのです。

仕事が終わると毎日の様に駅で待ち合わせをしてデートを重ねました。
真剣に将来を見据えていましたので結婚を前提のお付き合いです。
出来れば一緒になりたいと思うほど彼女に対しては尽くしました。
ですが、、、

時間が経つに連れて彼女に対し不信感を抱くようになって行ったのです。

彼女はバツイチで子供は居ないと言っていたにも関わらず、実際には前の旦那の元に子供を預けており子持ちだったのです。
明らかに嘘を付いていましたし、なぜ今になって打ち明けるのか疑問でした。
しかも将来的には子供を引き取って暮らしたいと願っており、できれば3人で暮らして欲しいとお願いをしてくるのです。

正直、他人さんのお子さんを育てるのには抵抗がありましたし、軽く引き受けるほど簡単なことではないと思います。
親の問題、思い入れの問題等、様々な弊害が出て来ます。

今まで彼女には生活が苦しいと言われましたので月に数万円を渡して金銭的な援助もしていたのですが真っ赤な嘘だった、、。
そのお金で子供の服を買ったり、一緒に遊びに行く事に使っていたと言い出し、まるで養育費を出しているような便利屋の扱いです。
子供の為に結婚をしたいと言う姿勢が感じられましたので、責任が重いと感じて別れることにしました。

知り合った時に本当の事を言っていれば、お互いに傷つく事が無かった出会いだと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *